2022年05月30日

ナイキ新たなデジタルエクスペリエンス空間UGOKIDASETOKYOが期間限定オープン

(Nike)が、アスリートに新たなデジタルエクスペリエンスを提供する「UGOKIDASE TOKYO」をスタート。ナイキの最新のデジタルイノベーションを体験できるスペース「UGOKIDASE STATION」を、7月28日(土)から8月11日(土)までの期間限定で原宿にオープンする。 「UGOKIDASE STATION」では、Nike+ Runningを使って、スプリンターなどが練習で使う特殊なトレッドミルを走り、規定時間内の距離を競うミッションや、Nike+ BasketballやNike+ Trainingを使って、どれだけ高くジャンプできるかを競うミッションを提供。ミッションの結果であるランキングは、「UGOKIDASE STATION」内のリーダーボードと呼ばれる掲示板にリアルタイムで発表される。 参加者は、各ミッションに参加するごとに「UGOKIDASE TOKYO」オリジナル缶バッジがもらえるほか、5つのミッションのうち4つをクリアすると、オリジナルTシャツをナイキ原宿で貰え、このオリジナルTシャツが、8月12日(日)に「UGOKIDAフェンディスーパーコピーSE STATION」で行われるグランド フィナーレへの招待チケットとなる。 また、これ以外にもバーチャルにどこからでも参加できるミッションのひとつとして、Nike+ Runningを使った、国ごとや、都道府県ごとで競うことができる「Run This Town」もスタートする。 「UGOKIDASE TOKYO」は、ナイキが、リニューアルされたNike+ をインスピレーブランドサングラスコピーションに、デジタルスポーツをテーマとして展開する「ゲームON 世界でアソベ」の一環。この取り組みは、日本を含む、アメリカ、イギリス、中国など世界中のさまざまな国で展開されており、Nike+を使ったこれまで体験したことのない多くの「ミッション」と呼ばれるゲームを楽しむことができる。 「Nike+ Running」は、ナイキが2006年に立ち上げた最初のデジタルイノベーション。今回のイベントでは、日本では未展開のデジタルプロダクトを発表。試合で、いかに高く飛び、いかにハードに動き、いかに素早く動いたかを測定できる「Nike+ Basketball」や日々のトレーニング・フィットネスをゲーム感覚で体験できる「Nike+ Training」が登場。日本では2013年以降発売を予定している「Nike+ FUELBANDは、日々様々な動きを測定し、記録することで日常生活をスポーツにしてくれるもの。Nike+のユーザーエクスペリエンスは、それぞれ特定の計算方法で測定されるため、ランナーであれば、これまでよりももっと長い距離にチャレンジすることをサポートし、アスリートにインスピレーションやモチベーションを与え続けてくれる。

ajg19c at 22:12|PermalinkComments(0)

繊細な自然の美を表現したカミシマチナミKAMISHIMACHINAMI201112年秋冬コレクション

(KAMISHIMA CHINAMI)が2011-2012年秋冬コレクションを発表した。今シーズンのテーマは「生々流転(すべてのものは、生まれては変化し、絶えず移り変わっていく)」。自然の変わりゆく瞬間の美ボッテガヴェネタ靴コピーしさを表現しようというコレクション。 繊細な自然の美を表現したカミシマチナミ(KAMISHIMA CHINAMI) 2011-12年秋冬コレクション 画像2 繊細な自然の美を表現したカミシマチナミ(KAMISHIMA CHINAMI) 2011-12年秋冬コレクション 画像6 自然の一瞬の美を表した散りゆく花びらや、冬に咲く霜の花、霰や雪が舞う様子を柄に落とし込む。柄それ自体はとても繊細なものであるが、全面に大胆に配置することでとてもインパクトのあるものになっている。またレザーやファーの使い方も特徴的で、ネックウォーマーやアームウォーマーのファーはボリューム感がある。素材の切り替えしもアクセントになっている。 カラーパレットは、ブIWC時計コピーラック、グレーにベージュやといった落ち着いたカラーをメインにし、さらにホワイトやブルーが用いられている。素材の良さによって、色の表情がさらに映える。 シルエットは比較的ゆったりしたものが多いが、絶妙にをとることでを生み出し、動きによる変化があるデザイン。またベルトでカジュアル・すぎない引き締めた印象に。 自然の中に凛として静かに佇むような、女性の繊細さと強さを表現したカミシマチナミの秋冬コレクション。

ajg19c at 13:02|PermalinkComments(0)

2022年05月29日

東京ミッドタウンのバレンタインパレタスのハート柄チョコアイスバーやサダハル・アオキの新作チョコ

東京ミッドタウンでは、バレンタインに向けて各ショップにてチョコレートを販売。2018年1月25日(木)から2月14日(水)までの期間、多彩なチョコレートが集結する。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ AOKI 2018 6個入 3,078円 (JEAN-PAUL H VIN)のや(p tisserie Sadaharu AOKI paris)のをはじめとする、人気パティシエ・ショコラティエのチョコレートが揃う他、ビーン トゥ バー チョコレートの期間限定ショップも登場。多彩なチョコレートが店頭に並ぶ。
ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ ハート型缶入りチョコレート 5個入 3,456円 の「ハート型缶入りチョコレート」は、アールグレイフレーバーの赤いハートのチョコレートと、華やかなバレンタイン限定デザインのシャンパーニュとラズベリーのオリジナルフレーバーのチョコレートを詰め合わせたセット。缶のカラーはホワイトとブルーから選択可能だ。
パレタス Strawberry Bitter Choco <VD ver> 500円 フローズンフルーツバー専門店「パレタス(PALETAS)」のハート柄のビターチョコレフェンディバッグコピーートアイスは、イチゴをアクセントにしたコーヒー風味が特徴的なアイスバーだ。ゼリーでできたハートが見た目にも楽しい一品となっている。
Minimal Flight M-06 3,888円 2月14日(水)までの期間、ビーン トゥ バー チョコレート専門店の(Minimal)が限定ショップを開催。自社工房で板チョコレートができるまでの全工程を管理し製造することで、カカオ豆の個性を活かし、本来の味わいや香りを最大限に表現したチョコレートを提供する。カラフルでポップなパッケージも魅力的だ。 【詳細】
東京ミッドタウン バレンタイン
期間:2018年1月25日(木)~2月14日(水)
場所:東京ミッドタウン 各ショップ
住所:東京都港区赤坂9 7 1
■アイテム例
・ジャン=ポール・エヴァン ボワットゥ ショコラ 10個入 オルロージュ 3,969円
・パティスリー・サダハル・アオキ・パリ AOKI 2018 6個入 3,078円
・ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ ハート型缶入りチョコレート(5個入) 3,456円 ※1月26日(金)より発売
・パレタス Strawberry Bitter Choco <VD ver> 500円
・ミニマル Minimal Flight M-06 3,888円
■ミニマル期間限定ショップ
期間:2018年1月23日(火)~フェンディベルトコピー2月14日(火)
場所:東京ミッドタウン ガレリアB1F
TEL:080-3499-3096 ※開催期間中のみ

ajg19c at 23:43|PermalinkComments(0)